あーたるブログ

 ゲームばっか。趣味で拙いイラストを上げてますが、シナリオライターです。趣味に生きてます。好き勝手てきとうに書いてますので、文章は長めです。

 一か月に一度ぐらい書いてましたが、しばらく存在忘れてましたこのブログ。

 色々それ所じゃなかったというか、本当俺の人生安定しないな!ってよくよく思います。いやまあ、ライターなんてそんなもんですけどねえ!よくシナリオ書いて生計立ててるんだスゲーなあ!とか言われますが、ぶっちゃけ普通に働いてる人が羨ましいですよ安定してる生活最高ですね。こっちは波乱しかねえよ。と愛想笑いしながら思ってます。

 まー、シナリオ書いてるのは楽しいから良いんですがねー。最近のお仕事はかなり趣味に合っているというか、凄く書いてて楽しいお仕事なので有難い限りです。
 そういえば最近はノートパソコンから心機一転して、10万円のパソコン買いました。もちろんビデオカード付きで、CPUも高性能!これでPCゲームも遊べるぞイェー!と思ってスチームのゲームを買いあさり、Civilization5とかGRIMDAWNとかを数百時間やってました。洋ゲーってハマると時間吸われますね。

 やっぱり高性能のPCになるといいですね。シナリオ書いている途中で止まるなんてこともほとんどありませんし、ブラウジングもサクサクです。前のオンボロノートパソコンは1日1回はCCクリーナ使わないとマトモに動きませんでしたからね。XPとかそこらへんの時代感ある。

 まー、そんな訳で元気に生きてます。これからも更新は不定期でしょうが、思い出したらたまに書くかもしれません。ではではー。


スポンサーサイト



web拍手
何気にけっこう放置してた事に驚き

とりあえずタンドリーチキンの手軽さと美味さに驚き。
いやまあそれなりに手が掛かってますけど、これ以上鳥胸肉は進化しないんじゃないかな…。
ってぐらい、鳥胸肉が良い感じに仕上がった調理法でした。パサパサしてなくてしかも肉厚感がまたいい。

材料費もヨーグルト200gぐらい使うのがちょっと痛いけど、それで鳥胸肉3枚調理できるんだから併せて考えるとお安いです。
かなりオススメ。ここ半年ぐらい胸肉ばっか食ってた俺が言うんだから間違いない。

手間かけると美味いんだけどね胸肉…。手間かけないとダメなヤツです。パッサパサだよ。
まあという訳で最近豚に移行してます。やっぱ美味いですわ豚。安定感がすげえ。

あと仕事やってます。バリバリ働いてます。報告できるかはまだちょっと分からない

web拍手
 かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

 ほとんどブログには書いてませんが2016年は個人的に物凄い転換期で、見聞を広めた年になりました。それと同時に非常に厳しい年でしたね色々と。
 その代わり今年は最初から良い事があり、幸先良いです。
 もしかしたらブログに、「この作品で書いたよ!」と自信を持って載せられる、初めてのものが出来るかもしれませんのでワクワクです。載せられなかったら多分それは大人の都合だ!ゴメンね!
 何にせよ楽しみです。今年はいい年になればいいなぁ。
 
 それでは今年もよろしくお願いいたします。ではではー。

web拍手
 もうゲームやりすぎてやりたいゲームがコンシューマゲームにほとんど見当たらない…。
 そんなゲーム廃人ですが、ついにかの有名なPCゲームDL販売、STEAMを導入してしまいました。

 海外のサイトですので一昔前はゲームを購入するのにも手軽ではなかったんですが、最近はコンビニ払いや各種ウェブマネーにも対応しており、非常に買いやすくなった模様です。特にウェブマネーでの購入は余計なお金が掛からないのでオススメですね。もちろんクレジットカードにも対応してます。
 

 そんな訳で、まずやったゲームはサンドボックス系の有名ゲーム、Terraria。
 自動生成された2D世界の中、自由に生きる…のですが、最初俺はあんまりこのゲームをよく思っていませんでした。
 ですが蓋を開けてみれば思っていたのより10倍ぐらい楽しかった!
 
 何かと同じくサンドボックスゲーのレジェンド、マインクラフトと比較される本作。マインクラフトと同じような事が出来るけど結局、2Dじゃない…と俺は思っていましたが、このゲームの真価は戦闘でした。
 武器防具、魔法、銃、アイテム。RPGに出てくるようなアイテムは一通りあり、かつジャンプが出来たり果てには飛んだりも出来ます。
 そして、そんなアクション性の高いゲームにも関わらず、全然歯が立たないボスが居たりしますね。

 建築や生活だけではなく、このボスを倒すのがTerrariaの目的のひとつ…というかメインコンテンツとなっています。というかそれが目玉。
 最初10ダメージとかしか与えられなかったのが後半になると、1000ダメージとか出てきますからね…。インフレしすぎなゲームです。そしてボスもそれ相応に強くなっていくので、延々と次のボスに向けて自キャラを強化し続けていくゲームですね。そういうの大好き。
 
 強化大好きでアクションが好きな方には是非オススメしたい作品ですね。アクション苦手でも火力にものをいわせたり、罠を使ったり、ちょっとズルい方法で倒せたりするのも魅力。コンシューマ版もありますが、やはりPC版前提で作られているので、PCの方が色々とやりやすいそうです。
 有志の方々が作った日本語化MODもあるので、それを入れれば英語がダメでも大体大丈夫です。(一部には非対応なので注意)

 見事にSTEAMにハマらせてくれた一作でしたね。値段も980円とお安いです。シーズンごとにやっているセールであれば2、300円程度で買えると言うのだからやっぱSTEAMは良い意味で色々とおかしい。DLゲームの強みを活かしまくってますねえ。
 おかげでその後もいくつか買いあさりました。ですが、それはまた機会があれば書きたいかと思います。ではではー。

web拍手
今までのらりくらりと生きていましたが、そうもいかなくなってきました。
ここに来てようやく、本当の意味で物書きとして生きるのは大変だと実感してきました。(遅い)

人並みならぬゲーム欲も収まってきたことですし、ここらで何か新しいチャレンジをしなきゃダメかな…と思っていた矢先、
ペルソナ5が面白すぎました。



なんだこれすげえ。P4で課題だったダンジョンアタックのマンネリ感を壊しつつ、すごく快適に遊べる。
好感度イベントで得られる能力も強力なものが多くて、モチベーションが上がります。シチュエーションが多いのもグット。
等身をグット上げたことでひとつひとつの演出に磨きが掛っていますし、早くゲームやらせろ、と思うぐらい最初からいい意味でシナリオのボリュームも満載。

キャラクターも良い感じです。P4みたいな仲良しグループ感は物足りないでしょうが、怪盗団としての結団力がすごく良い感じ。P3のテレッテーにも見習わせたい。
その分、ノーマルモードでの戦闘バランスが悪く、メガテン系列最大の目玉である悪魔合体の恩恵を感じにくいという悪循環も発生し、手放しで褒められたものではないですが、完成度の高いとても楽しいゲームでした。(従来のアトラスゲーの戦闘バランスは毎度毎度ギリギリの死闘になるぐらい、すごい良いので、そこは残念な気持ち)


すっかり洋ゲーやスマホゲーに押されてしまった日本のコンシューマ業界ですが、こういう傑作が出ると、まだまだイケるなと思わせてくれましたね。
今月出るFF15も実に楽しみです。
日本のゲーム業界が賑わえばいいなあと思っています。
そんでこっちもこっちでがんばらなきゃですね。コンシューマで書きたいと思ってますが、どうやれば書けるんでしょうねアレ。ちなみにこれでも割とスマホでは書いてたりします。ではではー。

web拍手